Classical photograph

写真とは視覚的に識別できる画像の記録と言われますが、私は目に見えない“心の中の小宇宙”を1枚しか出来ない写真にて表現しています。また手作り写真にこだわり様々な古典写真技法を研究しガラス湿板、和紙、純金箔等を用い1枚しかないオリジナル作品を制作しています。 ※Classicalphotograph(クラシカルフォトグラフ)はアートオフィスKの登録商標です。

↓

Classical photograph

若林 久未来Wakabayashi Kumikoフォトグラファー

クラシカルフォトグラフとは

現代はフィルム写真からデジタル方式の写真が主流となり、記憶や記録というより瞬間の感覚を楽しむことが大半となってきています。思い出はPCの中にのみ保存され、プリントされることは稀になりました。
デジタルカメラが主流になる前の写真は、現像から印画紙に写しだされるまでの間には、想像や期待やドキドキ感がありました。時には失敗作もありましたが何某かの趣がありました。

写真は焼き回すと何枚でも出来ると言う固定概念を覆したく、大阪芸術大学にて古典写真技法を学び、印画紙から手作りで1枚ずつ仕上げる感動を得ました。この古典写真技法を用いて手作りで仕上げる感動を多くの人に伝えたいと思っています。作品のオリジナル性を確保するためClassical photo graphを商標登録申請中(商願2017-172889)です。
現在も様々な古典写真技法を研究しており、私にしかできない独創性のあるオリジナル作品を制作し、古典プリントの普及に尽力をして行きたいと思っております。

Award

「Beautiful Ms.清月」

「Beautiful Ms.清月」 2014年「芦屋写真展-Road to Paris-」
グランプリ受賞

14歳で仏門に入られた清月住職はこれまでにお化粧をしたことがありません。無理にお願いし口紅を引かれた時の一瞬のあどけない表情を撮影しました。
日ごろのお勤めされている凛とした表情との対比、どちらも美しいです。

「銀婚式」 硝子湿板

「銀婚式」
2018年SALON D'AUTOMNE(サロンドートンヌ展)入選

この作品は、乾杯しているが会話は仮面をかぶって話している、果物も花も萎れている、ただ1つフレッシュなのはレモンのみ、しかし味わうと苦い。
銀婚式を迎えた夫婦のはかなさを静物にて表現しました。

「sweet〜bitter」ハンドメイド・ヴァンダイクブラウン・プリント

「sweet〜bitter」
ハンドメイド・ヴァンダイクブラウン・プリント

ヴァンダイクプリントとは

17世紀の宮廷画家 ”アンソニー・ヴァンダイク”にちなんで名前がつけられた写真技法。銀によって変化するセピア色のような茶色が特徴で、この色は”ヴァンダイクブラウン”と呼ばれています。

全ての作品は、日本の和紙で印画紙を作成し、手作りにて制作しています。
手塗りの為、刷毛目が完全に一致するものはなく、世界に一枚だけの作品が出来上がります。プリント後、最後に純金箔を施すのは私のオリジナルです。

ガラス湿版とは

1851年英国のF.S.アーチャーの発明した写真法。ヨウ化物を分散させたコロジオンをガラス板に塗り、硝酸銀溶液に浸してヨウ化銀を生成させて感光材料とします。湿っているうちに撮影し、硫酸第一鉄溶液で現像、シアン化カリウム溶液で定着してネガを得ます。言葉にすると分かりくいですが、有名な写真に、坂本龍馬が台に寄りかった写真をご存じでしょう?あれが湿板写真です。

参考文献:株式会社平凡百科事典マイペディア

硝子湿板
硝子湿板

世界に一つだけを
世界に一つだけ残したい

世界で一つだけの人、もの、想い、、、記憶
世界に一つだけのカタチで残す。
1000年ものといわれるこの写真は、一つとして同じ物はできない…。

その記憶をのこすことが、いつの日か多くの人、世界中に、共感を得たり、なにかを轟かせているかもしれない。

Profile

若林 久未来Kumiko Wakabayashiフォトグラファー

大阪生まれ

2007年
大阪芸術大学写真学科に入学し、古典技法を学ぶ。
2011年
卒業時卒業制作学科賞受賞
2014年
芦屋写真協会公募展「-Road to Paris-パリ」第1回グランプリ受賞。他入賞多数。
2014年
MIギャラリーにて"Beautiful"個展

現在 小さな遊びと小さなギャラリー「公園前スペースいろは」主宰
展示会、招待・ワークショップ等多数

受賞歴

2011年度
写真学科卒業制作 学科賞受賞
2014年
「芦屋写真展 -Road to Paris-」 グランプリ受賞
2018年
MIギャラリーMIG賞 受賞
2018年
SALON D'AUTOMNE(サロンドートンヌ展)入選

News / Event

一覧を見る